健康食品で肌トラブル回避|健康になりたいならにんにく卵黄がおすすめ|人気の健康食品

健康になりたいならにんにく卵黄がおすすめ|人気の健康食品

男性

健康食品で肌トラブル回避

コラーゲン

様々な健康食品で摂取

美肌成分として知られているコラーゲンですが、これは本来は自分の体内で産生されます。具体的には、線維芽細胞という肌の真皮層に存在している細胞が生み出しているのです。ところがその産生量は30代頃から減っていきますし、それによって肌ではたるみやシワなどの肌トラブルが起こりやすくなります。それを防ぐためには、コラーゲンが配合された基礎化粧品がよく使われています。そして昨今では、健康食品でも摂取できるようになっています。その多くが、そのまま飲むことのできるサプリメントやドリンクですが、他の飲み物に混ぜることで、自分の好きな味にして摂取できるパウダータイプのものもあります。いずれも、手軽に肌のコラーゲン量を増やすことができるため、肌トラブルに悩む多くの人に利用されています。

アミノ酸に分解されてから

基礎化粧品の場合、コラーゲンを直接肌に与えることで、肌をすぐに弾力のある状態にすることができます。ところが肌の外側から与えたコラーゲンは、洗顔などの際に除去されてしまいます。つまり即効性があるものの、効果の持続時間は短めということです。一方健康食品を利用した場合は、コラーゲンは体内で長く働き続けます。というのも摂取したコラーゲンは、消化器官によって分解されて、いったんアミノ酸となるからです。アミノ酸は細胞の材料として使われる成分なので、これが増えることで、線維芽細胞の働きは高められます。それにより、肌ではコラーゲンが多く産生されるようになります。つまり健康食品のコラーゲンは、線維芽細胞に同化することで、新たなコラーゲンを生み出すということです。